部屋を直すのにも一苦労

部屋を直すのにも一苦労

長い間同じ部屋に住んでいると、壁紙やカーペットが傷んできますよね。

 

こうした備品が傷んでも、直ちに生活に影響するわけではありません。

 

現状維持や原状回復ではなく、生活を改良するために備品を買い替えた場合には
有益費という名目で賃借人に費用を請求出来ます。

 

カーペットのような備品(目的物)を新しくすることで、
部屋の価値が高まることもあるというのが、有益費を請求する根拠になります。

 

借りている物件の前の道路をコンクリートで舗装するといったケースも、これに当てはまります。
賃借人に許可を得てから増築する場合も、有益費の請求権が発生します。

 

有益費が必要費と異なるのは、賃貸借契約が終了してから請求可能となる点です。
また、買った当時は5万円の価値があったカーペットが、
契約終了時に物価の下落によって2万円まで値下がりしていたとき
賃借人は2万円を払えばよいとされています。

 

有益費で購入したものの価値が保存されていなければ、
賃借人にとって利益が無いからです。
反対に、契約終了時に値段が倍になっていたとしても、
賃借人は当時の価格で支払うだけで良いとされています。

 

有益費は、借主が無断で支出することが許されているため、
賃借人の不利益にならないよう取り決められているのです。

 

ただし、有益費について契約書で定められている場合は、これに従うことになります。

 

「備品を勝手に買い替えた場合、賃借人に有益費を請求出来ない」というような
特約が契約書に盛り込まれている場合は、注意が必要です。

 

契約書の内容を確認しないまま、有益費を請求するのは控えましょう。